西郷隆盛とは何だったのか弐

1名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-26 23:41:12

以下、テンプレ

Q : 西郷さんは鐘のように大きな人格だと聞きましたが。

A :

西郷のことをよく知る人で、重野安繹(しげの・やすつぐ 後に東大教授)がいます。

彼は西郷と同じ時期に奄美に遠島になっていた人です。

『重野博士史学論集』下巻(薩藩史研究会編、雄山閣、1939年)のなかに、

「西郷南洲逸話」というのがあります。

彼から見た是々非々の立場からの西郷評論ですね。

「西郷はとかく敵をつくる性質で、そしてその相手をひどく憎む風がある。

大度量のある人物ではなかった。いわば偏狭である。

それで西南の役などが起こるのである。世間の人は大変度量広い人であったように思っているが、

それは浅はかな見方で、本当の西郷は敵を持つ性質で、とうとうこれが為に自分も倒れるに至った。」

重野も奄美で現地妻を娶り、二人の子供がいた。

放免になって鹿児島にもどった後、

当時の金で250円という大金をもって奄美に迎えにいった。

当時、「必ず迎えに来る」といった薩摩藩士で

迎えに来たためしはなかったので、

その女は、島の若者と再婚して妊娠中だった。

重野はしかたなく、持ってきた金を

全額、女に与えて帰っていったという。

この重野の誠実さに比べると

西郷の『敬天愛人』は、かなりいいかげんと見ていいだろう。

(西郷は、現地妻を捨てましたからね。)

31名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 18:41:15

>>1

西郷さんとは流刑先の琉球で蚊に刺され巨大な睾丸に苦しんだ気の毒な人です

85名無しさん@お腹いっぱい。2016-10-01 07:32:17

>>1

重野は俗物学者

4名無しさん@お腹いっぱい。2016-08-29 21:14:13

征韓論の西郷さんよ

朝鮮人を何とかしてくれ

イアンフイアンフとウザいんだけど

5名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-08 22:13:51

>>4

あのときに、西郷・江藤・板垣らの主張が通って

現地に使節派遣していたら多少は違ったのだろうか?

6名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-11 11:51:57

>>5

お隣さんのウザさは征韓しようがすまいが変わらないと思う

17名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-15 15:00:49

歴史上の男色ってたいてい相手は年齢がずっと下の無名の少年で

白洲正子とかもそう書き残してんのに

なぜか大物オヤジ同士の恋愛に固執するバカが多いのは不思議

18名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-15 18:36:55

>>17

腐女子は別に史実の男色を求めてるわけじゃなくて、

友人関係やライバル関係をねじ曲げて解釈するのが楽しいんじゃないか

マンガの二次創作でホモやる感覚でさ

いや腐女子のホモ萌えを語りたいわけじゃなくて

西郷と大久保の関係って、大久保側の自己弁護入ってそうなキレイな思い出話か

西郷周辺の政府批判込みの悪口のどっちかしか見たことなかったから、

西郷本人の書簡とかだとどうなのか気になっただけなんだ

22名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-16 18:23:09

>西郷の弟や昔からの友達を「大久保側」と言って信じず

それは西南戦争の発端がアレだからじゃない?

大久保に近い人間からすれば、大久保が西郷を暗殺するはずないだろうと

擁護するだろうし、その辺割り引いて見るのは妥当かと

まあ、「西郷のことは俺が一番わかってる」と放言してる外野よりよほど信用できると思うけど

23名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 02:01:23

擁護するっつーより斉彬公の生前から何度となく薩摩の下っ端が

勝手に暗殺計画立てちゃ暴走して大久保やその周辺が止めるって流れだし

陰謀論っぽい話が好きな奴って幕末を1867年からしか語らないし

薩摩兵児が全員指示待ち人間で電話もない時代に何百キロも先から

西郷大久保がすべてコントロールしてたってファンタジー信じてるよな

24名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 14:11:06

>>23

いや、>>22は当時の証言を参照する場合、西南戦争前後の情勢及び証言者の立ち位置から、

バイアスがかかってるんじゃないかと一通り疑うこと自体は妥当という話

西郷と大久保が天寿を全うしてたら二人に対する追懐の方向性も違ってたろうし

陰謀論者が組織というものをやたら単純化してしまうのは何なんだろうね

幕末は情報の行き違いとかすれ違いで話がこじれていくのが楽しいのに

25名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 14:49:53

>>24

それ言ったら西南戦争に参加した側や子孫の

俺たちは悪くない的自己弁護の方がすさまじいだろうにw

なぜ東京残留組だけバイアスが〜と言うのか謎

26名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 15:12:55

>>25

ごめん言葉が足りなかった

21で友人家族を疑うのは不思議って書いてたから東京組に言及しただけだよ

疑うなら一通り全部疑えよというのはその通りと思う

27名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 15:46:14

だったら大久保が西郷の暗殺を指示したに違いない的な決めつけはすんなよ

どっかの郷土史家が主張してるのとか証拠がほとんどない妄想じゃん

28名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 15:59:48

>>27

え、いや、東京残留組からすりゃ大久保が白なのはわかりきってるし

無実の罪で西南戦争の責任押し付けられてる大久保を擁護するために

西郷と大久保の仲を強調するのは人情として当然あるだろうから、それを

バイアスって言ったんだけど

30名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-17 17:13:22

ごめん。

フワッとした知識しかないから一般論しか言えなくてさ

>西郷視点だと弟その?扱いに見えるけど

このへん詳しく書いてくれると凄く嬉しい

39名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-18 06:52:19

しかし西郷から「武士」のニオイってするか?

個人的には、桐野あたりからもあんまりしないんだが

普通の武士界の人間たち(会津のような)とは種類が違う印象

最後にみんな討ち死にしたんで「ラストサムライ」などと美化する者もいるが、ラストはあくまで戊辰〜函館戦争だったと思う

48名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-18 18:05:48

武士は戦えてなんぼだと思うから

会津は頭固いし新しい武器すぐ使えないし能力値低すぎ

52名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-20 17:29:35

誰も会津マンセー話なんてしていないようだが

会津が(薩摩も)憎くてたまらない例の学歴皆無キチにはマンセーに見えるらしい

53名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-20 17:54:12

西郷隆盛はじめ薩摩人て女性ファン皆無なんだけど、今度の大河は女性視聴者捨てたのか?

57名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-20 23:46:17

>>52

会津がラストサムライだ!とか主張してるバカはいるなw

>>53

大久保五代小松あたりは女性ファンもいるっちゃいるよ

54名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-20 19:15:37

NHKのサイトでは、西郷は男女に“日本史上最もモテた男”って書かれてるぞ

林真理子や中園のコメント見ても、

彼をめぐる女性たちだの、大層モテたってあるし、

恋愛要素はある程度重視して女性視聴者を惹きつける気じゃないかな

これで新選組の面々を超える幕末色男キャラの誕生だな

58名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-21 00:38:03

>>57が唯一のラストサムライ話>>39(会津は普通の武士)を読んで会津ラストサムライマンセー!と主張してると言うなら

会津憎しの読解力の無いバカとしか言えないな

72名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-22 10:24:24

西郷さんはいったいどうすりゃ良かったんだ?

73名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-22 14:31:29

>>72

武力による政府転覆はあきらめて、板垣退助がそうしたように自由民権運動に活路を求める

百姓や奄美人から全てを奪い、同僚の郷士をも虐め抜いていた薩摩城下士が自由民権運動とははなはだ滑稽ではあるが、それしか道はないであろう

うまくいけば選挙実施後には「西郷隆盛首相」の姿が見られたやも知れない

74名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-22 20:46:05

>>73

そんな物分かりの良い奴ばかりなら揉め事も起こらないでスムーズだけど

実際は、そうもいかんのよ

新政府についていけない人たちの怒りのマグマが日本中に溜まって

それに西郷自身も囚われてしまっての挙兵だ

83名無しさん@お腹いっぱい。2016-09-28 01:16:17

西郷がキリスト教に興味持っていたのは事実で、

西郷が西南戦争の最後で、洞窟から逃走したのも、キリスト教的に自殺(玉砕、自決)はいかんということが頭にあってのことではないかと仮説してる人もいるよね

さすがに最後の逃走はキリスト関係無いだろうけど

106名無しさん@お腹いっぱい。2017-02-27 09:20:03

西郷さんはみんなに迷惑かけたよね

111名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-04 08:45:40

同僚との付き合いで金をバラ巻いて、家に金を入れないタイプだったしね

そりゃあ奥さんだっ嫌になりますわ

113名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-08 15:47:55

>>111

付き合いで散財?西郷は酒が飲めないんだが?

114名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-08 21:05:34

>>113

付き合いっつーか若い連中が飲んだツケを払ってやったり

貧乏人に金を与えて回ったりだね

あと酒が飲めないと言っても薩摩では飲めない方って言うだけで

アーネスト・サトウは西郷と飲んで先に潰れてる

117名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-10 22:28:53

明治に有司専制の薩長閥になったの大久保が政争で西郷に勝った為だよね

西郷政府の時は参議の数で佐賀と土佐のが薩長より多かったくらいで

薩摩は西郷1人で長州は木戸不在で0状態

127名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-17 23:27:54

島流し1度目・・・ たんなる偽装

島流し2度目・・・ 久光との闘争の結果

幕府倒した後の薩摩帰還・・・ 天才大村益次郎に圧倒されて政府に居場所をなくした結果

明治六年の政変で薩摩帰還・・・ 洋行派との闘争に敗れ居場所を無くした結果

西郷は何度か表舞台から消えてますが、潔く身を退いたなどということではありません

全部権力闘争に敗れた結果、もしくはライバル優勢という西郷にとってミジメな状況からの逃避です

131名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 07:03:46

西郷さんは政治では参議筆頭でしかも多数派、軍事では陸軍大将・近衛都督を兼務している

権力を握ってたという点なら当時の日本最高です、本来なら参議にもなれない洋行派なんて相手にしないことすら可能でした

>>127

西郷さんが権力欲あるなら、普通は権力者の久光に取り入ります

大村益次郎なんて天下分け目の鳥羽伏見の戦いにもいない、主敵の会津攻略にも関係ない

何を圧倒されるのか分からないです

洋行派との闘争など遣韓使節問題を議論してたのを勝手に闘争したのは洋行派です

130名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 00:54:11

「政治職」や「軍権」などというポジションは維新政府にはありません

それは完全にファンタジー上の西郷どんですね

132名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 09:11:41

>>131

洋行派を相手にしないことも可能なら、なぜ相手にしたのですか?

西郷に権力欲が無ければ、最初から征韓論などという政治闘争は仕掛けなければいいだけです

話になりません

驚くほど頭が悪い人ですね

137名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 17:17:07

>>132

お前だろ不勉強の馬鹿はw

そもそも初期に征韓論の主張してたのは吉田松陰に影響されてた木戸

そして留守政府の時に征韓論を一番主張してたのは板垣

それを西郷が自分が全権大使で朝鮮に行くからといってとりあえず征韓論はおさめさせたんだろ馬鹿w

139名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 17:19:48

>>132

>最初から征韓論などという政治闘争は仕掛けなければいいだけです

いつ誰に対して闘争を仕掛けたんだよ馬鹿w

詳しく説明してみろ馬鹿w

136名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 17:14:25

明治六年の政変はそもそも、「岩倉使節団派遣中に留守政府は重大な改革を行わない」という盟約に反して

留守政府の中心メンバーだった西郷、江藤新平らが強行した政治クーデターだよ

帰国した大久保、伊藤らにひっくり返されて、西郷、江藤らが発狂し辞職したというだけ

どちらが正しいとかの問題ではない

140名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 17:22:32

>>136

とりあえずクーデターの意味をぐぐれかすw

いつ非合法な武力行使があったんだ?

143名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 17:42:33

大村は西郷を公開処刑してるからなあ・・・

慶応四年、西郷隆盛にとって屈辱的な事件が起こった

江戸の彰義隊に手を焼いていた西郷が東征軍司令官の任を解かれたのだ

大村益次郎が彰義隊を討伐するために京都からやって来たからだ

合理主義者の大村は先任者の西郷におもねることがなく、

薩摩隊に対しても特別あつかいをせず、あくまで彼らを新政府配下の一隊として指図したそうだ

大村は一日で彰義隊を壊滅させ、西郷と薩摩隊の面目はまる潰れになった

同月、憔悴した西郷がひっそりと江戸をあとにしたのはあまり知られていない

145名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 18:25:48

西郷さんにとっての屈辱の地である上野に銅像立てるってあまりにもどうかしてるよな

大村は早くに暗殺されて、上野の功績は大村ではなく西郷さんということになっていたのだろうか・・・

史実は>>143の通りです

146名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 18:32:04

>>143

しかも手こずっていたのではなくて西郷や海江田は江戸城はすでに開城されているので、武力でのこりの残党を壊滅させるのは酷だと言って総攻撃しなかっただけw

だから残虐非道な大村が代わりに司令になったわけw

それで薩軍は宇都宮にいく予定だったのを大村が西郷にお願いして一番の激戦である黒門口へ配置したのは有名な話w

147名無しさん@お腹いっぱい。2017-06-18 18:35:09

>>145

え?史実どおりというよりお前は都合が悪い部分を省いて書いてるだけw

>>146がその部分だ馬鹿w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする