もし日露戦争で、イギリスが日本の梯子を外してたら

1だつお ◆t0moyVbEXw 2015-12-09 23:46:12

もし日露戦争で、イギリスが日本の梯子を外してたら、どうなったろうか。

もしも尖閣問題で日中戦争になれば米国は日本のハシゴを外すかということが最近言われているが、それをいうなら、

日露戦争でイギリスが日本のハシゴを外すことも物理的には可能だったはずだ。なぜそうしなかったのか。

同盟関係というのは常にウインウインの関係でのみ成り立つものであり、強国と同盟してもうまくいくとは限らない。

例えばドイツとイタリアの「鋼鉄同盟」は、ドイツの勝利とイタリアの敗北で崩れてしまい、イタリアはドイツの従属物となった。

また太平洋戦争では日本が負けたことで、日ソ中立条約は一方的に破棄され、日本は米ソに挟撃されて降伏した。

従ってもし日露戦争で日本が負けていたら、日本はイギリスに梯子を外され、日本はイギリスとロシアで分割されてたろう。

ロシアは戦勝国として、イギリスは支援国として、敗戦国日本に対して「おとしまえ」を要求することができる。

イギリスが日本と同盟したのは専らイギリスにとっても利益があるからで、その証拠に第一次世界大戦が終わると、

日英同盟は用済みとして解消され、代わって米英同盟が成立した。

If the United States stopped sending war materials to England, do you think England would lose the war?

Yes………………………….. 85%

No………………………….. 8

No opinion……………………. 7

(1941年1月4日の米世論調査では、米国がイギリスへの戦争物資援助を止めればイギリスは敗北するという意見が85%)

曲がりなりにもイギリスはBOBで頑張ったからこそ、米国はイギリスへの支援を続けたともいえる。

日英同盟のおかげで勝てたというのは話が逆で、むしろ日本が勝利を続けていたから日英同盟が継続できたのではないか。

負けている国の尻拭いをしてくれるような親切でお人よしな国は、世界のどこにもありはしない。

最近の例で言えばトルコはロシア外交で失敗しているが、その代償としてトルコは対米従属基地国家にされるように思える。

トルコはシリアから全面撤退させられ(ISIS支援の疑い?)、シリアは完全にロシアの従属国になる。ヤルタ協定の再来だ。

19名無し三等兵2015-12-12 07:07:20

>>1

>もしも尖閣問題で日中戦争になれば米国は日本のハシゴを外すかということが最近言われているが、

沖縄の一部が中国に割譲され、かつ米軍基地はそのままとか。

34名無し三等兵2015-12-16 09:25:28

>>1

英葡永久同盟なんてのもありますね。

40名無し三等兵2015-12-19 10:15:10

>>1

>負けている国の尻拭いをしてくれるような親切でお人よしな国は、世界のどこにもありはしない。

トランプが大統領になれば、失敗国家ウクライナは切り捨てられるかも。

150名無し三等兵2016-08-31 01:09:11

>>1

日英同盟廃棄はアメリカの要望が大きいでしょ。

151名無し三等兵2016-09-06 21:54:18

>>1

>(1941年1月4日の米世論調査では、米国がイギリスへの戦争物資援助を止めればイギリスは敗北するという意見が85%)

バトルオブブリテンで英連邦軍が勝利したと考える米国人は殆ど居なかったw

4名無し三等兵2015-12-10 20:34:10

日本をロシアと分割してたら、白熊どもを封じ込めるという戦略が破綻するではないか。

適当に日本を消耗させてロシアも封じ込める。日本が負けすぎては困るから、当時ロシアと同盟してたフランスにも圧力かけて

バルチック艦隊への補給を止めた。

ウラジオストクまで補給を受けられない艦隊は、艦内所狭しと石炭を積み込み、水兵には皮膚癌患者が出るほどだった。

遠路くたびれ果てたロシア艦隊と満を持した日本艦隊には、大きなハンデ差があった。

まぁイギリスの援助は現在のODAより遥かに厳しかったわけだがな。明治の日本はろくな賠償も受けとれず、借款返済と死傷者の面倒見に追われた。

消沈した日本人は赤化という別な病気を得た。

5だつお ◆t0moyVbEXw 2015-12-10 20:38:48

>>4

>日本をロシアと分割してたら、白熊どもを封じ込めるという戦略が破綻するではないか。

ポーランドはドイツとソ連に分割されたわけだが、ポーランドとしてはソ連に梯子を外されたことになる。

ナチスを封じ込める防波堤としてソ連がポーランドを活用するという選択肢は無かったわけだ。

21名無し三等兵2015-12-12 07:26:17

>>5

相手が弱小国だからといって、あまり横暴なことをすると、長期的に災いとなる。

アウシュビッツは戦後暴かれたし、カチンの森もソ連解体後に暴かれた。

9名無し三等兵2015-12-11 00:18:05

日本とポーランドの戦略的立ち位置を同等に語るとはね

10名無し三等兵2015-12-11 02:21:41

>>9

当時のイギリスにとって、明治日本は戦略的に重要な国だったのか?

11名無し三等兵2015-12-11 05:34:07

>>10

というか明治維新を支援したのはイギリスやし

12名無し三等兵2015-12-11 06:06:43

>>11

日本の明治維新は、イギリスの国益に繋がるのか?

28名無し三等兵2015-12-14 06:23:02

>>12

明治維新前の日本は強力な反宗教政策でキリスト教の布教が禁止されてた

明治維新になってキリスト教が解禁になった

原始人みたいにキリスト教に執着してる人達の執念は凄まじいものがある

最近のイギリスもやっと江戸時代の日本に追いついてきた

53名無し三等兵2016-02-16 01:49:42

>>12

彼らの目的は貿易

32名無し三等兵2015-12-16 02:57:13

>>28

キリスト教徒の数なら日本よりも韓国のほうがずっと多いが、米国は日本より韓国を重視してるか?

29名無しさん@そうだ選挙に行こう2015-12-14 09:13:22

梯子を外してもらった方が良かったな、日露戦争などやるべきじゃなかった。

シナと朝鮮はロシアに抹殺してもらった方が日本には得だった。

30名無しさん@そうだ選挙に行こう2015-12-14 10:35:32

>>29

> 梯子を外してもらった方が良かったな、日露戦争などやるべきじゃなかった。

ソ連に梯子を外してもらった方が良かったな、日本本土決戦などやるべきじゃなかった。

31名無しさん@そうだ選挙に行こう2015-12-14 11:28:13

>>30

シナ朝鮮が抹殺されてたら太平洋戦争なんてありませんから。

33名無し三等兵2015-12-16 09:06:45

>>32

最後は宗教

乱痴気騒ぎの日本のクリスマスが報道され

敬虔なキリスト教の韓国がホワイトハウスやバチカンに陳情すれば

イタリア空軍のトーネードがすっ飛んで来る

36名無し三等兵2015-12-16 10:32:52

>>32

重視してないけど、アメリカに所在するロビー団体とかは日本より

韓国の方が多そうですしねえ。日本以上にキリスト教保守の連中とも

つながりがありそうな気がします。

38名無し三等兵2015-12-19 04:13:51

>>36

なら日英同盟は、日本のロビー活動の成果なのか?

61名無し三等兵2016-03-27 20:47:15

遣唐使の時代なら、島国という利点は生かせたはずだな。

70名無し三等兵2016-03-28 22:15:50

8月18日まで準備しても占守島で止められるくらいだしな

75名無し三等兵2016-03-29 10:20:02

>>70

ソ連に対日参戦を依頼したのは米国なのだし、米国が敵国日本に対して何かをしてやる義理も無いからな。

サンフランシスコ平和条約で日本が東京裁判を「受諾」したことで、日本は米国の同盟国となった。

中国は弱体すぎて米中同盟は成り立たず、米国は中国を棄てて日本を同盟国に選んだ。

71名無し三等兵2016-03-28 22:16:05

沿岸警備用のイタリー製砲台は旅順攻略戦に投入済みで穴だらけでっせ。

しかもほぼ全力投入で本土守備隊はからっけつ。

78名無し三等兵2016-03-30 02:17:56

>>71

本土をガラ空きに出来るのは、日本上陸が難しいと分かってるから。

80名無し三等兵2016-03-30 02:58:48

ナチスドイツ軍のこういうやり方を採用した国が皆無なのは何故だろうか?

世にも奇妙な「空軍であって地上戦闘軍」

<中略>

ドイツ空軍地上軍の半分以上は,高射砲部隊に属していた.

いちばん多いとき(1944年末)は100万の兵士(数千人の女性兵士含む)が,2万基以上の空軍

(陸海軍所属の高射砲は別にある)の対空砲とサーチライト部隊に配属された.

連合軍の進撃にともない,これら後方基地の高射砲部隊が前線に位置する結果になった.

ドイツ軍は地上の敵と戦うことも予想して高射砲をデザインし,兵士をも訓練してあった.

——————第二次世界大戦 あんな話こんな話 / J・F・ダニガン/著 A・A・ノーフィ/著

著者はドイツ軍の高射砲を高く評価しているが、戦後のNATO軍がこのやり方を採用したという話はあるのか?

81名無し三等兵2016-03-30 04:01:34

>>78

島国である日本だからこそできるわけだが

しかし島国ゆえに大陸の占領統治のノウハウがついぞなかったことが後に災いになる

>>80

航空兵力の進化によって高射砲の優位性はだいぶなくなったからなあ

92名無し三等兵2016-03-30 16:06:07

>>81

>しかし島国ゆえに大陸の占領統治のノウハウがついぞなかったことが後に災いになる

オランダはインドネシアの土民軍に敗退してるが?

82名無し三等兵2016-03-30 10:02:10

全力投入できたのは日英同盟があったからだろ夢みすぎ。

連合艦隊が敗退すればロシアの武装商船が浜から兵を揚陸してもどうにもならんのだよ

83名無し三等兵2016-03-30 14:51:55

>>82

>連合艦隊が敗退すればロシアの武装商船が浜から兵を揚陸してもどうにもならんのだよ

太平洋戦争では連合艦隊が敗退してたが、ロシア軍は北海道に上陸できたのか?

また米国が敵国日本のために何かをしてやる義理があったのか?

88名無し三等兵2016-03-30 15:29:38

>>82

>全力投入できたのは日英同盟があったからだろ夢みすぎ。

逆にイギリスが今にも戦争に負けて本土をやられそうな弱小国の尻拭いをしてくれるなんてほうが夢みすぎ。

ソ連の対日参戦もそうだった。負けている国の尻拭いをしてくれるお人好しな国はどこにもない。

86名無し三等兵2016-03-30 15:17:18

まあいずれにしても、米国が敵国日本のためにソ連の北海道占領を阻止してやる義理は無かったよな。

ただソ連としても対日戦争は米国の強い要請があってのことで、ヨーロッパほどのこだわりは無かった。

フィンランドはナチスに媚びてソ連を攻撃したのだから、その落とし前を支払わされるのは当然だし。

95名無し三等兵2016-03-30 17:21:52

>>88

> ソ連の対日参戦もそうだった。負けている国の尻拭いをしてくれるお人好しな国はどこにもない。

その国が負けると地政学、パワーバランス上自国に被害が及ぶ場合は助けるな。

朝鮮戦争の中国の場合だ。

94名無し三等兵2016-03-30 17:07:41

ソ連が北方領土や満州朝鮮を占領できたのは、日本軍が抵抗を止めたから。抵抗を続けて

いたら難しかっただろう。

98名無し三等兵2016-03-30 18:56:39

>>94

泣く子も黙る関東軍は抵抗したぞ

ソ連軍は旧式化したT34-76戦車等2万輌以上を投入して攻勢をかけてきたが

チハ車とかアンパン地雷でな

96名無し三等兵2016-03-30 18:30:28

>>95

中国は北朝鮮を守るために参戦したのか?

183名無し三等兵2016-12-26 08:45:03

>>95

米国は中国の抗日戦争を支援してくれたのに、何で中国が米国に牙を向くのか。恩を仇で返すのか。

184名無し三等兵2016-12-27 17:18:17

>>95

>その国が負けると地政学、パワーバランス上自国に被害が及ぶ場合は助けるな。

ヒトラーがポーランドを攻撃した時、欧米やソ連はポーランドを助けに行ったか?

186名無し三等兵2016-12-27 17:24:05

>>95

>その国が負けると地政学、パワーバランス上自国に被害が及ぶ場合は助けるな

極東の無名な島国がどうなろうと、イギリスの知ったことでは無いだろう。日英同盟はサラ金と同じだ。

99名無し三等兵2016-03-30 19:00:35

>>95

>>96

第2次世界大戦の連合国はあくまで「敵の敵は味方」ってだけの関係でしかなかったという、当たり前の証明が朝鮮戦争。

100名無し三等兵2016-03-30 19:03:46

>>98

ナチスドイツを撃破してベルリン入りを果たしたソ連が対日参戦したから日本は降参するしかなくなった。

なおソ連抜きのポツダム宣言は「黙殺」だった。

114名無し三等兵2016-03-31 21:25:04

何時ものパターンで論点ずらしていくと皇軍は民兵よりはましに行き着く。

欧米の正規軍相手にたたかえるわけもなし

115名無し三等兵2016-03-31 21:45:16

>>114

>欧米の正規軍相手にたたかえるわけもなし

一九五〇年の夏、朝鮮戦争が勃発して秋に「中国人民義勇軍」の出動が決まると、私は前線行きを志願した。

抗日戦争にも内戦にも参加していないので、祖国のために奉仕するチャンスがほしかったのだ、内心は中国

に勝ち目はないだろうと思いながら。なにしろアメリカ合衆国のほうが中国よりも格段に発展していたし、

装備がはるかにすぐれていたからである。

私は戦況をつぶさに追い、中国の「義勇軍」が崩壊しないばかりか、連戦につぐ連戦で「国連軍」のアメリカ軍

を敗退させつつあるのを知って驚き、かつ興奮した。一世紀以上にわたって、中国が外国軍と戦端を開いて

面子をうしなわなかったのは今回がはじめてだった。私はまた、アメリカ軍が朝鮮で細菌を用いているという

報道に唖然とした。戦争が膠着状態に入っても、私は中国人であることが誇らしかった。しかし上司たちは

私の前線志願を却下し、中南海での医療に従事するほうがずっと大切だという主張をくり返すばかりであった。

<毛沢東の私生活(上) 文春文庫  李志綏 P95>

120名無し三等兵2016-04-04 20:45:58

>>114

大日本帝国は決して米英独ソと張り合う列強工業国ではなく、中国のチンピラゴロツキ討伐を史上目的とする、

チンピラゴロツキ対策国家。97式中戦車チハはまさにその象徴で、国産開発のチンピラゴロツキ殺戮マシーン。

122名無し三等兵2016-04-13 04:34:52

気合いの入り方の違いだろう

原爆で勝ったしアジアの小国なんかチョロいと思ってたアメリカ人と

金持ちから奪い取れるって吹き込まれた朝鮮人と中国人

初期共産主義運動で使われたネタ

123名無し三等兵2016-04-13 06:03:48

>>122

>気合いの入り方の違いだろう

日本が負けたのは、気合いが入って無かったからだ!

125名無し三等兵2016-04-13 17:15:41

>>123

あえてマジレスするなら、朝鮮半島を焦土として消耗戦闘する腹積もりの共産党と

本土決戦寸前で降伏を決めた違いかな?

137名無し三等兵2016-05-02 22:38:20

>>134

あのスターリン線はほとんど国境線に沿ってるんだけどな

結果的に領内に踏み込まれてしまったのであってそんなロシアはそんな戦略を理想となんかしてないが

153名無し三等兵2016-10-21 01:44:57

>>151

バトルオブフリテンは日本本土決戦と同じ勝率か?

155名無し三等兵2016-10-22 03:44:17

>>151

本土防空なんて「負け戦」なんだから当たり前だ。

194名無し三等兵2017-01-01 14:57:57

>>184

ポーランドは枢軸国からも連合国からも踏んだり蹴ったり。弱小国は問答無用で見捨てられるという典型。

191名無し三等兵2016-12-31 13:11:18

>>186

助力はするけど期待はしてないってとこやろな

それこそソ連におけるウクライナ兵みたいなもんで

187名無し三等兵2016-12-27 17:29:58

日露戦争は開戦から一年半を過ぎても、日本軍は弱体化していなかった。陸はあれ以上は攻められないが、

さりとてロシア軍にもスターリングラードのような反撃能力は無かった。実質的には五分五分。

188名無し三等兵2016-12-27 21:38:03

日露戦争で亡くなった将兵で、脚気による死亡が戦闘による死亡より多かった。

まぁこれは東大医学部閥の一大誤診によるものだが。

奉天会戦終結時点で、日本は国力兵力共に限界点にきていたが

ロシアが亡くした兵は、専らウクライナ、バルト三国、ポーランド等々ロシアの属国から嫌々連れてこられた兵隊がほとんどを占めていた。

モチベーションの低い兵らしく、古い密集隊型を作り、日本側機関銃にバタバタ倒された。

現場の大山と児玉は、東京の政府と参謀本部をせっつき講和を急いだ。

本命のロシア本国軍がシベリア鉄道の駅を下りていたからだ。

イギリスは直接参戦ができなかったものの、世界中に手をまわしてバルチック艦隊への補給を止めさせた。

遠路補給ができないロシア艦隊は、沈没寸前まで艦内に石炭を積み込んだ。石炭粉塵の害毒は酷いもので、日本近海に達した頃には肺癌患者が多数出ていた。

189名無し三等兵2016-12-27 21:50:06

>>188

>イギリスは直接参戦ができなかったものの、世界中に手をまわしてバルチック艦隊への補給を止めさせた。

日本のために義理立てしてやったの?

198名無し三等兵2017-01-04 18:12:11

ただ日ロの場合、はしごを外した先にあるのは英国のシーレーンの崩壊だから

やっぱり半世紀早まった大英帝国放棄にしかならなかった

199名無し三等兵2017-01-30 01:11:14

>>198

>はしごを外した先にあるのは英国のシーレーンの崩壊だから

なら尖閣防衛で米国が日本のハシゴ外したら、米国のシーレーンが崩壊するのか?

200名無し三等兵2017-01-31 19:43:16

>>199

尖閣や南シナ海とられて中国に太平洋の出口確定されて策源地になった場合

米国のシーレーンが崩壊することと同義だからな

201名無し三等兵2017-02-01 20:44:04

>>200

すると日本近海における外的脅威は皆無ってことになるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする